Intertek Global Website

お問い合わせ

お申込書ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種アンテナ校正

サービスの種類

各種アンテナ校正

区分:電気(高周波)・電界用ダイポールアンテナ
当社校正室は国際MRA対応JCSS認定事業者です。
JCSS 0200は、当校正室の認定番号です。

標準(参照)アンテナ法

係数既知のアンテナと被校正アンテナを一定電界中に置いて、それぞれのアンテナの出力電圧を比較し、被校正アンテナの係数を算出する方法。
標準アンテナとは、理論的にアンテナ係数が導出できるアンテナ、例えばNIST標準ダイポール、標準ゲインホーンのことをいい、係数を上位校正機関で値付けされたアンテナを参照アンテナと称しています。
校正にはアンテナが置かれるエリアで均一な電界が必要です。校正専用の十分良好な特性のテストサイトで実施する必要があります。

3アンテナ法

自由空間、遠方界条件において3組のアンテナ間の伝播損失を試験し、その電波伝播方程式からアンテナ係数を導出する方法。自由空間条件が設定しやすいマイクロ波帯のアンテナに適用されています。
伝播損失=テストサイト特性 が直に影響します。CALTS校正専用サイトが必須条件であると言えます。

標準サイト法

ANSI C63.5の標準サイト法のことをいいます。グランドプレーン上で3組のアンテナの伝播損失を試験し、アンテナ係数を導出する方法で、3アンテナ法と似ていることから、普通に3アンテナ法と呼んでいることがありますが、標準サイト法を3アンテナ法というのは誤りです。
この方法で求められたアンテナ係数には、大地面の影響や対向アンテナとの相互結合の影響が含まれています。また、テストサイトのNSA誤差がそのまま反映されますので、十分良好な特性のサイトで実施する必要があります。

アンテナ校正標準サイト法、NSA用のアンテナ校正

CISPR16-1-5では、アンテナ校正を行うサイトとしてサイトアッテネーションが±1dB以内とする要求があります。弊社は一般試験サイトではなく、CISPR16-1-5に適合した校正専用テストサイト(CALTS)で校正を実施します。

距離3m、10mともにサイトアッテネーションは±1dB未満を実現しております。
基準金属大地面32m×32m(半径80m以内に建物無し)

高い信頼性と一般試験スケジュールに左右されない通年受付および短納期で提供しています。サイトアッテネーションCSAデータは、弊社自動試験ソフトウエアにより、全周波数のハイトパターンを測定し、結果(最大受信電界強度)を算出しました。

Contact

お電話かフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

お電話受付時間:9:00~17:30

03-6435-2410

フォームからのお問い合わせ

製品に関する概要書・カタログ等も
下記のフォームに添付して頂くことが可能です。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ